カタログ通販のテクニックはコレ

カタログ通販の比較RANKING

カタログ通販を利用する時に、ちょっとしたテクニックを知っていると、手間ひまや損を防ぐことができます。

カタログ通販TOP > テクニック

カタログ通販で役立つテクニック

カタログ通販はサイトごとにそれぞれ特徴がありますが、基本的なサービスとしては、カタログから気に入った商品を選んで注文し、自宅まで配送してもらうのが一連の流れとなります。

そのため、はじめての方でも簡単に商品を注文・購入することができますが、注文から受取までの間にちょっとしたテクニックを駆使することで、よりお得なサービスを利用することができます。

以下で挙げるテクニックは、すぐに実践できるものばかりですので、カタログ通販をよく利用する方は早速試してみることをおすすめします。

テクニック1.まとめ買いをする

カタログ通販は個人名で登録するので、つい自分のものだけを購入してしまいがちですが、配送ごとに送料がかかる業者の場合、その都度注文するとコストがかかってしまいます。

そこで、注文を家族でひとまとめにしたり、友人の分も一緒に注文したりすれば、送料を浮かせることができます。

特に「○○円以上の注文で送料無料」という業者なら、送料0円で発送してもらうことも可能です。

また、業者の中にはまとめ買いすることで商品代金を割引したり、ポイントを付与するところもあるので一石二鳥と言えるでしょう。

テクニック2.メールマガジンの購読

大手カタログ通販サイトでは、ほとんどの場合、会員に対してメールマガジンを発行しています。

メールマガジンには、購読会員のみにお知らせするバーゲンセール情報や、新サービスの告知などが掲載されているので、普通にサイト内のカタログを閲覧するよりもお得です。

もちろん、メールマガジンの購読料は無料なので、会員登録を行ったら、あわせてメールマガジンにも申し込んでおくとよいでしょう。

テクニック3.サイズ合わせ

カタログ通販では靴の販売も行っていますが、多少の誤差なら許される洋服とは異なり、靴のサイズ違いは致命的です。

特に靴の場合、同じ23cmでもメーカーによって微妙にサイズが異なるため、試し履きできないカタログ通販ではサイズの合わない靴を注文してしまう可能性があります。

そのため、靴を購入する際は、自分の足と同じサイズのもののほか、1回り小さいサイズのものと大きいサイズのものの計3足を注文しましょう。

商品が届いたら、3足すべて試してみて、自分の足にぴったり合う商品のみを手元に残し、他の2足は返品します。

返品の際の送料は自己負担という業者もありますが、サイズの合わない靴を無理に履くと足を痛める可能性がありますし、何度も返品・交換を繰り返すよりは、一度にまとめて注文して一度に返品した方が手間も少なくて済みます。

テクニック4.配送方法をチェック

商品の配送方法はカタログ通販業者ごとに異なっています。

近年は通常の配送方法のほか、夜間指定や日時指定、曜日指定、特急便指定、コンビニ受取などさまざまな方法を選択することができますが、業者によっては取扱いのないサービスもあるので注意が必要です。

在宅時間が長い人は問題ありませんが、平日・日中は仕事をしていて荷物を受けとりにくいという方は日時を細かく設定できるカタログ通販を選んだ方がよいでしょう。

テクニック5.返品方法を確認

どのカタログ通販でも、商品に難があったり、注文したものと異なる商品が届いた場合、その返送料は業者側が負担してくれます。

ただ、サイズが合わない。色が気に入らない。イメージと違ったなど、自己都合による返品については、業者によってそれぞれ対応が異なります。

多くの業者は自己都合による返品に対応していないか、あるいは対応していても返送料が自己負担となる場合が多くなっています。

また、返品対応期間が限定されている場合もあるので、購入する際は返品方法をよく確認することが大切です。

ニッセン

カタログ掲載商品はもちろん、インターネット限定・セール商品も豊富に掲載。
www.nissen.co.jp

千趣会(ベルメゾン)

レディースファッションをはじめ、インテリアや子供服など様々な品をご用意する通販サイト
www.bellemaison.jp/

セシール

初めてお買い上げの方に、送料サービスやポイント加算といった嬉しい特典も!
www.cecile.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) カタログ通販の比較ランキング※家具・インテリアやファッションはこちら! All Rights Reserved.